アグリーフが対応するハウスサイズ(大型ハウス)

アグリーフをお使いの農家さんで最も大きなハウス面積は1.6ha(4800坪)のトマトハウスです。
ハウス中央の通路は200m以上もあり、端から端まで移動するのは大変です。
こちらでは複数台のアグリーフをご使用いただいており、灯油燃焼式など他のCO2発生装置を使わず環境に配慮したCO2施用を行っています。
大型ハウスであるほどCO2の濃度ムラが発生しやすく、アグリーフのような局所施用の方が狙ったCO2濃度にしやすいと好評をいただいております。

関連記事

  1. 2020愛知環境賞 優秀賞 受賞

  2. 冬場の設置工事の件

  3. マイナビ農業 WEB記事『いちご農園Shimonta』近日公…

  4. 【動画】アグリーフの局所施用 

  5. 巨大いちご「でかほっぺ」

  6. 滋賀県近江八幡市のスマイルファーム「マロン」さんのきゅうりを…

PAGE TOP