厄介者のCO2

地球温暖化対策やゼロカーボン政策などすっかり厄介者となったCO2ですが、農業においては収穫量を増加させるために必要な成分です。
植物は光合成をおこなって成長します。光合成は日光の光エネルギーを使用して水とCO2からでんぷんなどの成長に必要な養分と酸素を作ります。
施設園芸では冬季、ハウス内温度を下げないために換気を制限するので光合成に必要なCO2が不足するため、補ってあげる必要があります。
アグリーフはこの「厄介者」を「必要な成分」として使えないか?といった発想から開発された商品です。

関連記事

  1. 神奈川県川崎市のトマト農家さん

  2. アグリーフの室外ユニット

  3. 地球にやさしい栽培見学会開催②

  4. 全トヨタ労連機関誌『Z・ONE』にアグリーフが掲載された件

  5. アグリーフの機種選定の目安

  6. 和歌山県ナス農家さんアグリーフメンテナンスの件

PAGE TOP