ハウス加温機のCO2はただ捨てられているという事実

幅広く新規事業を探索する中で、農業の施設園芸分野に行きつきました。
異業種の目から見て、実に興味深い事実がありました。
ハウスを暖房するための燃焼式の『ハウス加温機』と、日中の光合成を
促進するための燃焼式の『CO2発生機』がそれぞれ別々に設置されているのです。
それぞれハウス加温機は夜間、CO2発生機は日中に稼働しています。
燃料もそれぞれハウス加温機は主にA重油、CO2発生機は灯油が使われる
ことが多いです。燃料タンクも別系統で準備されています。
『暖房機の煙突からCO2が捨てられているのに、わざわざ燃料を燃やして
CO2を与えているなんて実にナンセンスだなぁ』
後になってわかったことですが、我々と同じようなことを考えていた
農家さんは意外と多かったということです。
お金を使って発生させていたCO2は、すぐ近くでたくさん大気中に捨てら
れていました。
ハウス加温機のCO2がリサイクルできたらどんなに良いことでしょう!
これを現実のものとしたのがアグリーフです。

関連記事

  1. トヨタネ流『地球にやさしい農業資材展示会』事前打合せ

  2. カーボンニュートラルと農業で未来を創る連携協定について

  3. 安全安心な設置工事(配管工事編)

  4. ハウス加温機のメンテナンスのすすめ

  5. 東京都日野市のトマト農家さん

  6. アグリーフの公式インスタグラムをはじめました。

PAGE TOP