シーズンオフ時のアグリーフについて

アグリーフは基本的に暖房機が頻繁に動く冬場に活躍する製品です。
そして暖房機が動かないシーズンにも栽培をしているときには空気を株元に送り込む空気施用モードがあります。
まったく栽培をしていない時期は何もできません。運転モードを「切」にして稼働を停止させてください。
施用チューブなどを巻き取って保管したり、配管の破損や抜けなどを確認して次の栽培に備えます。

関連記事

  1. 愛知県西尾市のいちご農家さん

  2. いちご塾のアグリーフのCO2施用チューブ設置作業

  3. 施設園芸新技術セミナー・機器資材展in栃木 に出展しました

  4. 愛知県田原市のイチゴ農家さん

  5. トヨタネ55周年記念展示会開催

  6. アグリーフの機種選定の目安

PAGE TOP