シーズンオフ時のアグリーフについて

アグリーフは基本的に暖房機が頻繁に動く冬場に活躍する製品です。
そして暖房機が動かないシーズンにも栽培をしているときには空気を株元に送り込む空気施用モードがあります。
まったく栽培をしていない時期は何もできません。運転モードを「切」にして稼働を停止させてください。
施用チューブなどを巻き取って保管したり、配管の破損や抜けなどを確認して次の栽培に備えます。

関連記事

  1. カーボンニュートラルと農業で未来を創る連携協定締結式

  2. アグリーフのユニット配置について

  3. アグリーフの年間CO2回収量

  4. 局所施用チューブ設置(いちご編)

  5. 株式会社 大仙さんにインタビューした件

  6. ハウス暖房機のCO2がもったいない

PAGE TOP