アグリーフの空気施用 

5月に入り暖房機の稼働が少なくなってきました。
この時期アグリーフは何もしていないと思われている方が多いのですが、群落内に空気を送り込む「空気施用」ができます。群落内のCO2濃度は400ppmを下回りCO2不足が発生することが多いのですがアグリーフが空気(400ppm)を送り込むことによりCO2不足を補うことができます。

関連記事

  1. 田原市の農家さんCO2貯留供給装置の状況確認

  2. 神奈川県トマト農家さんメンテナンス

  3. アグリーフの運転モード

  4. 愛知県豊川市のバラ農家さんにメンテナンスに行った件

  5. (株)アグリみかわさん(JAあいち三河 いちご塾)の稼働状況…

  6. 施設園芸新技術セミナー・機器資材展in栃木 に出展します

PAGE TOP