CO2局所施用チューブの実験

アグリーフは炭酸ガスを局所施用するシステムです。
局所施用チューブとして使っているのは、農業用資材の潅水チューブを使っています。
様々な種類のチューブが販売されていますので、アグリーフに最適なチューブを推奨品として選定したり、
アグリーフ装置本体の仕様が変わる時などは、性能確認のために当社の体育館でチューブを配管して実験しています。
送風能力と局所施用範囲(畝長さ×本数)の関係を、当社独自の判定基準で評価しています。

施用チューブ関連の試験はいつも体育館で行います。
施用チューブ実験風景。

関連記事

  1. JAあいち三河 イチゴ塾にて

  2. アグリーフの運転モード

  3. SDGs 13番目の目標『気候変動に具体的な対策を』について…

  4. いちご農園Shimontaさんにメンテナンスに行った件

  5. トヨタネ流 地球にやさしい農業資材展示会前日準備

  6. トヨタネ研究農場のアグリーフレイアウト見直しの件

PAGE TOP