環境配慮型の現場改善事例②

アグリーフの排ガス浄化ユニットの品質チェックを行う工程で
検圧工程があります。専用の設備で浄化ユニットのエア漏れ等を
検査します。その際に浄化ユニットにキャップをしなければなりません。
3種類のキャップが混在しておりますので、それぞれ探して取付ける作業を
もっとスッキリさせられないかという困りごとがありました。
種類の異なるキャップの取り出し、収納が簡単にできるように
専用のキャップ収納ボックスを廃材を利用して製作しました。
おかげでキャップが混在することなく、場所も取らず、作業も正確に
できるようになりました。
この取組みは、SDGs 12番目の目標
『つくる責任 つかう責任』
に相当するものと思っております。
使えるのに捨ててしまっていないか、何でも買えばいいと思っていないか、
常に考えながら業務をしております。

関連記事

  1. 宮城県名取市の美食農園ラ・ファータさんにメンテナンスをした件…

  2. 地球にやさしい栽培見学会開催②

  3. シーズンオフ時のアグリーフについて

  4. 夏の必需品 『空調服』

  5. 神奈川県川崎市のトマト農家さん

  6. CO2施用の安心・安全のために

PAGE TOP