環境にやさしいagleaf

agleafのパンフレットには環境にやさしいと書かれていますがどれくらいやさしいのでしょうか?
作物にもよりますがハウス栽培では一般的に1反(300坪)あたり10~20㎏/日のCO2を与えているとのことです。
仮にこの量を1年間で150日与え続けたとすると1.5~3ton/年のCO2を新たに発生させていることになります。
agleafはこのCO2の発生を抑えることができます。
現在、様々な分野でCO2削減の取り組みとして「発生」の抑制と「利用」の促進が行われています。
農業分野はCO2の「発生」と「利用」が同じ場所で行われる数少ない分野です。
agleafは農業分野におけるCO2の発生の抑制と利用の促進を1台で実現し、持続可能な農業の実現に貢献します。

関連記事

  1. トヨタネさんの研究農場の紹介 その2

  2. 島根県安来市へのアグリーフ(CO2貯留供給装置)設置

  3. agleaf(アグリーフ)CO2施用機/光合成促進機_仕組み動画

    【動画】agleafの仕組み

  4. 愛知県豊川市アグリーフメンテナンスの件

  5. テレビの取材を受けました。

  6. 自動車業界のエンジニアの基礎的な能力はとても高い

PAGE TOP