環境にやさしいagleaf

agleafのパンフレットには環境にやさしいと書かれていますがどれくらいやさしいのでしょうか?
作物にもよりますがハウス栽培では一般的に1反(300坪)あたり10~20㎏/日のCO2を与えているとのことです。
仮にこの量を1年間で150日与え続けたとすると1.5~3ton/年のCO2を新たに発生させていることになります。
agleafはこのCO2の発生を抑えることができます。
現在、様々な分野でCO2削減の取り組みとして「発生」の抑制と「利用」の促進が行われています。
農業分野はCO2の「発生」と「利用」が同じ場所で行われる数少ない分野です。
agleafは農業分野におけるCO2の発生の抑制と利用の促進を1台で実現し、持続可能な農業の実現に貢献します。

関連記事

  1. ハウス加温機のメンテナンスのすすめ

  2. 【動画】アグリーフの局所施用 

  3. 岡崎市出前講座開催の件①

  4. 中部IE大会の工場見学

  5. 長野県駒ケ根市のいちご農家さん

  6. アグリーフは炭酸ガス発生機?

PAGE TOP