春先の空気施用

暖房機の稼働が短くなるとアグリーフ(CO2貯留供給装置)は貯留するCO2が減ってしまいますが外気を導入することにより群落内に空気を送り込む「空気施用」をすることができます。群落内のCO2濃度を高濃度にすることはできませんが、空気(400ppm)を送り込むことによりCO2不足を補うことができます。

関連記事

  1. 和歌山県ナス農家さんアグリーフメンテナンスの件

  2. 公開中!『空飛ぶとまと屋さん』日本農業新聞 WEB記事

  3. agleaf(アグリーフ)CO2施用機/光合成促進機_仕組み動画

    【動画】agleafの仕組み

  4. C02局所施用チューブをどこに通すか?

  5. アグリーフはハウス加温機のCO2をリサイクルできます

  6. 夏のハウス環境

PAGE TOP