制御ユニットの配線チェッカーを自作した件

アグリーフ事業開発課では、製造、運搬、設置などすべて自分たちで行っています。
そのため『多能工化』を目指して、メンバーが日々精進しています。
制御ユニットの組付けでは、メンバーが業務の空き時間を利用して配線を『内職』しています。
配線の誤組付けや接触不良を防ぐために、配線のチェッカーも自分たちで製作しました。

簡易的ではありますが、不良品を出さない活動に役立っております。

関連記事

  1. ゼロエミッション施設園芸の理想と現実

  2. アグリーフのサポートプラン

  3. 和歌山県ナス農家さんアグリーフメンテナンスの件

  4. 愛知県豊川市のバラ農家さんにメンテナンスに行った件

  5. アグリジャーナル WEB記事『浅小井農園』近日公開!

  6. いちご農園Shimonta 田邉社長インタビュー

PAGE TOP