カーボンニュートラルと農業で未来を創る連携協定について

岡崎市から報道発表資料が公開されました。
フタバ産業株式会社、JAあいち三河、岡崎市、幸田町は
カーボンニュートラルと農業による持続可能な都市の創造を
実現するために協定を締結します。
1.協定の主な内容
(1)地域のカーボンニュートラル社会の実現に関すること
(2)次世代型農業の普及啓発及び担い手育成に関すること
(3)二酸化炭素の回収、貯留及び活用等に関すること
2.主な取組み
フタバ産業株式会社では、暖房機から発生する二酸化炭素を回収、貯留、
有効活用する製品「アグリーフ」を幸田工場にて生産しています。
この製品をJAあいち三河の研修施設に設置し、活用していきます。
また、市職員による関係各位に向けた出前講座を実施することにより、
2050年ゼロカーボンシティの実現に向けた機運を醸成していきます。
3.協定締結に関する記者発表
日時:令和4年11月29日 火曜日 11時40分~12時10分頃
会場:岡崎市役所東庁舎4階 第2来賓室
※詳しくは岡崎市ホームページをご覧ください。

https://www.city.okazaki.lg.jp/houdou/p037147.html

関連記事

  1. 愛知県田原市の大葉農家さんの大葉を買ってみた件

  2. マイナビ農業 農業系Youtuberプロモーション企画 近日…

  3. 脇田ファームさんにて

  4. 空飛ぶとまと屋さんにインタビュー

  5. 新規事業を検討するうえで心がけたこと

  6. 愛知県田原市のキク農家さんでの作業

PAGE TOP